スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
partⅡ ツアープロ 小黒貴志 さんのレッスンを受けた
6月中旬頃から左鎖骨あたりの激痛で
数ヶ月間 寝返りも打てなかった kiyo でしたが
痛みはすっかり消失
ぶり返す気配もなくなりました


本格的に練習を復活する前に
ツアープロ 小黒貴史さんの レッスンを 受けてきました



<レッスン 指摘事項

1.インパクト直前で手元が一瞬止まる
  →その動作でインパクトの手元が近くなりすぎるため
    強く球を押し出せない
   
2.インパクト後に球を捕まえようとする動きがある
  →つかまりすぎてフックが出やすい 

この日は、この2点を治すためのレッスンとなりました


しかし
kiyo は、インパクトの直前に  どうやって手元を一瞬止めているのか?
果して自分ではわかりませんがスロー動画でチェックすると
そんな風に打っているようです

スィング画像 



この悪癖の改善方法は
トップから一気にクラブを振り抜くこと    


球を捕まえようとする動きについては
先生からインパクト後の体の使い方を
教えていただいて愕然!!

今までの kiyo のスィングはゴルフじゃない
と思うほどでした



球を捕まえに行く意識は 自分では全くありませんでしたが
先生に教えていただいたあとでは
確かに球を捕まえに行く動作をしているのが
自分でもわかります

前回のレッスンの時とは
ずいぶん違う打ち方をしているようで
 

兎に角、kiyo のスィングを スロー動画 で見ながら
繰り返しレッスンをします




1時間のレッスンはあっという間に終了

教わったことを
暫く練習して
また教えてもらいに行くつもりでいます  
スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/10/24 14:27] | レッスン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。