スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
マミヤの試打会へ行った
マミヤのシャフトにも 40g台 のラインナップがあります


mamiya ラインナップ  
                                                                                               UST Mamiya

ATTAS 3 の 40g台 を試打するつもりで
出掛けていきましたが

初代 オレンジの ATTAS
2 代  レッドカラーの ATTAS-T2
3 代  イエローの ATTAS3 
4 代  グリーンの ATTAS 4U
そしてアイアンの ATTAS IRON と
セドナ IRON

の 計 6 種類のシャフトを 試打して来た



今回も、事前に電話で試打クラブを確認

40g台の試打クラブは ATTAS-T2 の R3 と R2
及び、ATTAS3 のR2 の3本があり
対象ヘッドスピード は30~35m/sであること
ヘッドはセドナとアストロ
フェース角は 12度~13度で用意があること

など丁寧なご説明をしていただいた

今回も、シャフトごとに印象等をまとめて
順次記録をして行く
スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/29 08:33] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
MCI 60-R を試打した
最後に MCI Iron を試打しました

MCI 画像 

スペックは以下のとおりフジクラHPから 抜粋
MCI スペック表 


MCI の ラインナップは 60g 80g 100g 120g と
現在のところ 偶数g台 のみとなっています

フジクラの本吉さんによると
MCI の奇数g台 は現在開発中で
早ければ今年の夏か秋ころには発売がされる予定
となっているそうです


kiyo が打ちたかったのは 50g台 でしたが
ないものは仕方がありません

kiyo にはスペックがハードですが
60-R を試打してきました


MCI Iron 60-R
MCI 60-R 画像 


ヘッドは ミズノ JPX800 


ミズノ JPX800
ミズノ JPX JPX800 画像 




MCI Iron 60-R を試打

手元が硬いのか
テークバックから切り返しまで
あまりしなり感をつかめない

この間のしなりが少ないと
ヘッドの位置がつかみにくいため
トップがうまく決まらない

しかし、切り返し後は
ダウン途中からインパクトまでを
シャフトが正確にしなり戻って
フォロースルーまでを
一気に振り抜いて行ける

この、ダウン後半から
インパクト → フォロースルー までの
シャフト挙動の正確性は
何度試打しても変わりませんでした


試打風景 


しかし・・・
残念なことに、データーはなし


試打会も既に時間切れで
あたふたしていたのです

あのシャフト挙動であれば
きっとデータもよかったに違いありません

データーは今後、機会があったときに
MCI 50-R で記録をする予定でいる





忘れないうちに試打の印象をロビーでまとめる
アコーディア甲子園浜ロビー 
アコーディア甲子園浜外観 1 

帰りは既に日が暮れていました



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/22 22:53] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
ROMBAX TYPE-X 45 を試打した
次に、フジクラの本吉さんが kiyo に勧めてくれたシャフトは
ROMBAX TYPE-X 45 R2

TYPE-X 画像 

スペックは以下のとおり フジクラHPから 抜粋
TYPE-X スペック表 


ヘッドは 男性用のグローレを スリーブで装着する

ロフト角  :10.5°
ヘッド重量:194g

グローレヘッド画像 


クラブの長さ:45㌅ 
クラブ総重量:290g
バランス:C9



ROMBAX TYPE-X 45 R2 を試打

TYPE-X には Motore で感じたような
シャフトのスピード感はありませんでした

切り返しからダウンにかけても
Motore のようなシャフトの加速感はありません

TYPE-X  は Motore に比べしなり感が弱く 
シャフトがインパクトにかけて
ゆっくりと しなり 戻ってきます

だから ダウンで自分から加速がかけられるし
インパクトも叩いていける 爽快感  

kiyo は今日試打した中でこのシャフトが
一番好きでした


kiyo の場合 TYPE-X 45 R2  だと
トップからダウン2時位までをシャフトが手元でぶれる印象あり

TYPE-X 45 R2
試打データ
TYPE-X R2 HS jpg 


本吉さんにその旨を告げて TYPE-X 45 R を試打


TYPE-X 45 R でシャフトのブレは感じなくなりました

TYPE-X 45 R
試打データ
TYPE-X R HS jpg 

ミート率をご覧下さい
さすがフジクラ
シャフトの良さがミートの良さに現れています


総重量とフレックスを硬くしたせいでH/Sが落ちていますが
これはクラブ重量を軽くして組むことで解決できると考えています

が、TYPE-X にはシャフト自身で加速する性質がない分
飛距離的には Motore の方が良い結果が出ると思います

自分で 球 を打って 自分で 球 を上げる
TYPE-X はそんなクラブです





 
TYPE-X 45 が適している人 H/S 35 以下 対象)

しなりとしなり戻りに余分な動きを感じない為
いつも同じスィングを自身で出していけるので
ある程度スィングができるようになったゴルファーが
スィングを安定させる、もしくは定着させるのにいい

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/16 00:36] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
Motore Speeder VC4.1 を試打した

次に、本吉さんが kiyo に勧めてくれたシャフトは
Motore Speeder VC4.1 R2 

Motore Speeder VC1 
                               Motore Speeder VC.1

スペックは以下のとおり フジクラHPから 抜粋
スペック表 


ヘッドは男性用のグローレをスリーブで装着
 ロフト角:10.5°
 重量:194g
グローレヘッド105° 


クラブの長さ:45㌅ 
クラブ総重量:290g
バランス:C9


Motore Speeder VC4.1 R2 を試打 

シャフトの動きや挙動は
概ね VC4.0 とよく似ているが
 
しなりの量 しなり戻りの早さ
若干違うので VC4.0 とは 印象が少し違ってくる

ダウン2時から4時でシャフトが一番しなる
4時から6時 でシャフトが しなり戻る
だから インパクト付近で
ヘッドが球を打ち上げるように叩くため
自身が打ち込まなくても
球が高く上がる感覚がある

このシャフトは切り返してからダウンまで
シャフトがしなり始めるのに間を感じるため
 切り返し → ダウン
を 取るべ く リズム を体感しやすい


Motore Speeder VC4.1 R2
試打データ

ヘッドスピード VC01 

kiyo の場合、クラブ総重量が 290g を超えると
ヘッドスピードが落ちてしまうので パワーロスになる

この試打データから
フジクラの本吉さんがアドバイスしてくれました 

※このクラブの総重量は 290g です

これはクラブを組み立てる時に
総重量が 290g を超えないように注意する必要がある
ということです
 
今回の試打で kiyo は 290g を超えないクラブであれば 
H/S を大きく落とすことなく 振れることが分かりました

現在使っている モメンタムサインが 266g で
ヘッドスピードが同じく 32 m/s 前後 です

kiyo は これを
シャフトの特性やクラブの総重量によって
スイングが引き出され H/S を保つことができた
と 考えました

kiyo は 266g の柔らかいモメンタムサインでは 
これ以上の H/S の UP は見込めないと考えています

だから これを踏まえ
上記データは 悪くはないと 思います が・・

 
でも でも でも でも でも・・・・

これは 「 打ちに行ってしまう  」 という
kiyo の悪癖によるものではありますが

VC4.1 の場合 R2 だと
4時からインパクトまでのシャフト軌道に 
どうしても納得が行かない  

試打風景 

VC4.1R を打ってみたい旨を
本吉さんに告げるが

あいにく本日は Motore Speeder VC4.1 R
用意はないとのことで kiyo の試打はかなわず
またの機会に見送りとなりました




 
VC4.1 が適している人 H/S 35 以下 対象)

弾道が低めの人
インパクト付近でシャフトが加速するので
打ち込まずに高い弾道を出せる

このシャフトはダウンとインパクト付近では
それぞれ違う加速感があるので
スィングを出していくシャフトというより
加速感のあるスィングリズムを身につけるのに向いている
と kiyo は考えます


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/05/06 02:55] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。