スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ヘッドスピードの平均値 ミート率の標準値 番手ごとの平均飛距離の目安

自分の飛距離やヘッドスピードが平均値から見て
どのくらいなのか
ミート率は標準とされる値の範囲にあるのか
いつも気になります

今回は、ヘッドスピードの平均値 
ミート率の標準値、番手ごとの平均飛距離の目安
飛距離の算出方法などをまとめてみました


GOLF5 のクラブ健康診断表の基準データに
ヘッドスピードの平均値
ミート率の標準値
理想の飛距離 の算出方法
が 出ていました 
 ※スキャナで撮った画像も下にありますので
  下記に記載したデータと照らし合わせてご覧下さい

FC2 Blog Ranking

■ ドライバー
  平均ヘッドスピード
    男性    43.1 m/s
    女性    33.2 m/s

   ミート率の標準値 (※ミート率=ボール初速÷HS) 
      通常(アマチュア)      1.35~1.39
     プロ・インストラクター    1.40~1.45

ミート率は、数値的に見ると1.4 以上で効率的
と 考えられていて それ以下だと
パワーロスをしているということになるようです
ボール製造規制でミート率の最高値は 1.56 と規定あり 


FC2 Blog Ranking
  
     理想の飛距離(y)の算出方法
        ヘッドスピード × 5.55

その他、9番アイアンの飛距離 の 2倍 が ドライバーの飛距離
とも言われています

ドライバーの飛距離として、以下のような算出方法もあるようです 
      ドライバーの飛距離(y)=ヘッドスピード × ミート率 × 4
          


■ 7番アイアン (32度ロフト換算)
  平均ヘッドスピード (1W のヘッドスピード × 0.85)
   男性  36.6 m/s
   女性  28.2 m/s

 
ミート率の標準値

    通常(アマチュア)    1.25~1.29
   プロ・インストラクター  1.30~1.35

  理想の飛距離(y)の算出方法
     1W のヘッドスピード × 3.6


GOLF5 のクラブ健康診断表の基準データ をスキャナで撮った画像GOLF5 基準データ 表
FC2 Blog Ranking


■クラブ番手ごとの平均飛距離のデータ

    を 見つけましたので下に表を作成してみました
(参考HP:ゴルフ総合研究所 HM)

※表の見方
  数値が1つの項目に 「200-230-260」 と3つ並んでいます   
  これは、「あまり飛ばない-平均的-ロングヒッター」 と解釈します
  平均的な飛距離は3つの中の真ん中で 数値はキャリー表記 です

<クラブ番手ごとのアマチュアの平均飛距離>

クラブ男性女性
1W200-230-260150-175-200
3W180-215-235125-150-180
5W170-195-210105-135-170
2I170-195-210105-135-170
3I160-180-200100-125-160
4I150-170-18590-120-150
5I140-160-17080-110-140
6I130-150-16070-100-130
7I120-140-15065-90-120
8I110-130-14060-80-110
9I95-115-13055-70-95
PW80-105-12050-60-80
SW60-80-10040-50-60


アイアンの番手が一つ変わるごとに
平均飛距離が 約10ヤード 違ってくると
聞いたことがありますが
これも上記表にて確認できます


FC2 Blog Ranking

初速の理論値
   初速 = ヘッドスピード × ミート率(最大1.56)


飛距離の理論値
   飛距離(y) = ボール初速 × 4



ちなみに、タイガーウッズの平均ミート率は 1.48~1.50 だそうです
平均ヘッドスピードは 57.5m/s 
ボール初速は 85.0~86.5m/s と公表されていますので
理論値として計算すると以下のようになります

初速  57.5 m/s × 1.50 = 86.25
飛距離(y) 86.25 m/s × 4 = 345y

FC2 Blog Ranking

ヘッドスピードが速くても
ミート率が低ければボール初速(ボールスピード)
は上昇せず飛距離は伸びません
ミート率を高め、ボール初速を上げることが
飛距離アップの早道と言えそうです

FC2 Blog Ranking

ヘッドスピードの上昇か、ミート率の向上を目指すか
ゴルフスィング発展途上の kiyo は
とりあえず、両方を目指し邁進いたします

スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/01/27 23:44] | ゴルフ知恵袋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 X を試打した

神戸ルミナリエ
  
ルミナリエ 風景1    

昨年、神戸の ルミナリエ へ行って来ました

その帰り、ポートアイランドゴルフ倶楽部へ寄って
モーダスを試打して来ました



ポートアイランドゴルフ倶楽部
ポートアイランドゴルフ倶楽部  



MODUS3 の適正レベルは 中級者から上級者
適正ヘッドスピードは 42~47m/s となっているので

N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 X は もちろん
kiyo にとって適正クラブではありません

ですから
モーダスを打ってみようなどということは
kiyo 自身考えてもいませんでした

だから・・、 「これどんな感じがする?」
と 夫が kiyo にクラブを差し出してくれても
その気になれず、戸惑いもありましたが

「素振りでいいから振ってごらんよ」 と
気軽に言われたこともあって
「素振りなら」 とクラブを受け取りました 

120X という重たいクラブに負けないように
いつもより意識を高めてしっかりアドレスを構え
足の裏でがしっとグリーンのマットをつかむようにして
ハーフウェイバック(右腰の高さ)までクラブを上げて
ヘッドの向きを確かめる

次にトップの高さまでクラブを上げ
インパクトまでクラブを戻してくる動作 を繰り返してから
素振り

MODUS3 には 思ったほど 重たさ 硬さ 重量感というような
スィングに不必要なものを感じませんでした

特徴として、素振りでは 3時から6時までを
シャフトがよく走る印象

こうなったら自ずと、実際に球を打ちたくなり

「これぐらいがいいんじゃないか?」 と
夫が渡してくれた8番アイアンで試打 


実際に球を打って強く感じた印象は
インパクト後、 フォロースルー  から
フィニッシュ までの スイングフォーム
シャフトが正確に引き出してくれる感覚でした 

(フォロースルーとはボールをとらえたあと
クラブヘッドを目標方向に振り抜いていく動作)

特にインパクト後、ヘッドアップをさせず
前傾を保ったままフォロスルーをシャフトが出してくれる

MODUS3 スィング  


この、球を押し出す感覚は kiyo は毎回得られないのですが
MODUS3 を試打した感覚では頻繁に体感できました

kiyo の場合、アドレスからトップまでのスィングしか
まだ出せていませんのでフォロースルーの押し出し感は
偶然いただけるご褒美のようなものなのです

とは言っても、そのトップさえもうまく出せず
すぐにスェーとなって、うまく打てなくなるのが現実ですが

MODUS3 で打つとそれだけで
スィングの矯正になるような印象を強くもちました

始動のタイミングもつかみやすく
アドレスから正しいトップの位置へ
操り人形になったように
自然とクラブが引き上がっていく安心感
 
あとはクラブを振り下ろすだけ

インパクト→ フォロースルー →フィニッシュ
と シャフトが勝手にスィングを出してくれるので 

打てる気にしかならない
不思議な高揚感がありました
  

特にフォロースルーでヘッドアップすることなく
体が早く回転することで自然と右手首が返ってくる

雑誌やゴルフのレッスン番組などで
右手首を返せ
などと、よく言っていますが

kiyo は違う気がします

手首を意図的に返したら kiyo の場合
球をまっすぐ打ち出すことができません

あと、kiyoが好きな インパクトの押し出し感
も 味わえないし


インパクトで球を打ちつける力が
目標方向と反対に作用して
体が後方へ押される感覚と
クラブが重みで体を目標方向に引っ張っていく時の
反作用が kiyo が言う押し出し感です

押し出し感はフォロースルーで
目標方向に 30cm位 まっすぐうまく振り抜けた時に
得られるものなので

その時に手首をどうしたらうまく返せるのか
プロは手首を返すのかな?

よくわかりませんが

目標方向へ振り抜きながら球を押し出す = 手首が返る

と kiyo は考えているので
自然とそういうスィングを出してくれる
N.S.PRO MODUS3 TOUR がとっても好きになりました


このフォロースルーからフィニッシュまでを
シャフトが引き出してくれる感覚ですが
(もちろん押し出し感も含めて)
以前、Fire Express LIGHT45 F1 を試打した時にも
経験しました

あの時は 5、6 発を試打しましたが
そのなかで半分位の確率で今回と同じ体感をしました

ただ、クラブがトップの位置へ正しく引きあげられるような安心感は
今のところ N.S.PRO MODUS3 TOUR だけのものです



ユピテルのヘッドスピードメーターで計測したデータ
MODUD3 #8hs                        モメンタムサイン #8hs

  MODUS3 #8         モメンタムサイン #8

ヘッドスピード:26.5m/s                   ヘッドスピード:31.3m/s

初速:34.3                      初速:32.7
飛距離:99yd                                 飛距離:95yd
ミート率:1.29                                 ミート率:1.04


計測データですが、やはりクラブ重量のせいで
MODUS3 はヘッドスピードが 落ちていますが
それでもボール初速、ミート率、飛距離が
マイクラブのモメンタムサインに比べ伸びています

kiyo のマイクラブのモメンタムサインですが
飛距離データが 95yd とでていますが
実際の肉眼で確認する限り飛距離はそれほどは出ていません

なぜか昨年夏くらいから球が高く上がるばかりで
いい当たりでヒットしても飛距離が全然伸びないのです
 
この結果を踏まえ 
kiyo もアイアンの見直しが必要な時期だということになってきます


 
「kiyo も R くらいで MODUS 1本作ってみるか?」
と夫が軽い感じで言いました

 kiyo が MODUS 

まさか思ってもいませんでしたが
さらっと言った夫の言葉に ねっとりと食いついた kiyo は
N.S の HP でMODUS3 のスペックを密かに調べます

■N.S.PRO MODUS3 シリーズ のスペックMODUS3 表

N.S.PRO MODUS3 シリーズは
フレックスが変わってもすべて同じ調子
と言うことは、R シャフトで作っても
kiyo が試打した X シャフト と
大きく味は違わないかもしれない

あれで練習すればきっといいスィングが出せる

練習用にほんとに 1本 作ってみようかどうしようか
只今 kiyo は思案中です

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2013/01/16 03:10] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。