スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 (日本シャフト モーダス スリー)
夫のT氏がアイアンを モーダス にリシャフトしました

N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 X
MODUS3.jpg 

アイアンヘッドはマックテック IH101 RED
MACTEC.jpg 


もちろんカスタムは
前回の FUBUKI™ のリシャフトに続き、今回も
加古川の GOLF 1 BAN  でお世話になりました
GOLF 1 BAN 


ここはスィングフォームはもちろん
シャフトの軌道や挙動などを
超スロー動画で田村氏がチェックしてくれる

いろんな疑問が解決できる場所
最近、ゴルフショップはここにしか行きません



さて、モーダスのリシャフトについてですが これは
マックテック IH101 RED アイアンのスペックに合わせる形で依頼

長さだけ
カタログ基準で 0.5インチ 長くしてもらうことにしました

以下表は、マックテック IH101 RED アイアンのスペックです
マクレガーのホームページより抜粋しました

MACTEC IH101 RED のスペック
MACTEC SPEC  



通常、ゴルフクラブは一番手短くなるごとに
7gづつ重くなるような設計になっているのだそうですが
現在の量産技術では、同じメーカーの同じ番手であっても
その重量には、ばらつきがあるのだそうです 

そのばらつきのほとんどの原因はヘッドの重量にあるようで
現在の大量生産の技術ではどうしてもヘッド重量の数gの誤差は
否めない状況なのだそうです

だから、メーカーは
その重量のばらつきを
シャフトの先端部分におもりを入れることによって
バランスを調整している
のだそうです


だとすると、シャフト自体の重量やグリップの重さなどにも
もちろんばらつきがあるはずですから

ゴルフクラブというのは
私たちが思っているほど精度のいいものではないのです


確かにそうと言われれば大量生産の中で
僅か数gの誤差が発生するのは
当然のことかもしれませんが

ゴルフの世界は
その僅か数gの調整で組み立てを行う世界なのに
という矛盾も感じました


ヘッドの重量にばらつきがあるということは
もっと掘り下げて考えてみると
フェースの厚みや重心にもばらつきが生じるということ

そう考えたとき

前回のブログでも書かせてもらいましたが
オリジナルヘッドの秀逸さというのは
まさにここにあるのだ と kiyo は感じました 

オリジナルヘッドは精密部品の域にある のです

オリジナルヘッドには
量産品とは違う技術とこだわりがきっとあるはずです
その違いが打感となって現れるのだ と kiyo は考えます



夫の マックテック IH101 RED アイアンを測定すると
やはりクラブの総重量にそれぞればらつきがありました


しかし、シャフトに重りをしこめばシャフトの特性がかわってしまう
だから、今回は重りを使わずにシャフトの長さでバランスを
出すことになりました 



出来上がったモーダスの画像 
  
 N.S.PRO MODUS3 TOUR 120 X             
 モーダス画像2 モーダスシャフト画像 



 
マックテック IH101 RED アイアンのシャフトの先端部分
なまりがシャフトの先端に入っているのが見えます
 重り画像 





一応、モーダスも試打してみました
とてもいいシャフトでした
シャフトの特性やデーターについては次回の記録とさせていただきます



それではみなさま良いお年を
また来年も kiyo GOLF をどうぞよろしくお願い致します

スポンサーサイト

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/31 23:30] | リシャフト | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
WACCINE compo GR-50 を試打した
WACCINE compo GR-55 の試打  (その時のブログはここをご覧下さい
に続き kiyo が次に手にしたのは WACCINE compo GR-50  

WACCINE compo GR-50 R2
GR-50.png    

適正ヘッドスピード: 35m/s~38m/s
長さ:45.5 インチ
重量:47g
総重量:295g
トルク:5.5
振動数:225
k.p:先


ヘッド: テーラーメード R9 MAX 
ロフト角:10.5°
R9 GR-50 ヘッド 


GR-50 を手にした印象では GR-55 のような
たわみは感じなかった

この感覚は BASSARA(ワイバーン) を試打したあとに
ファイアーエクスプレス ライト 45 を手にした時の印象と
よく似ていた  (その時の印象についてはここをご覧下さい


GR-55 よりたわみ感がないぶん
ワッグルも、より自然にとりやすい

テークバックもGR-55同様重たかったが
そのまま試打

その印象は・・・・
GR-55とほぼ同じ(GR-55 を試打した印象についてはここをご覧下さい
シャフトがそのままひとりで
トップまで正しい軌道を上がって行くような感覚や

切り返しのタイミングがとりやすかったところ

ダウンに関してはトップまで通ってきた軌道のとおりに
シャフトが勝手にアドレス位置まで戻るイメージ など

試打した感覚は GR-55とほぼ同じ感覚でした

ただ、
違っていたのはインパクト  


これだけは GR-55 と、 はっきり違いがありました

kiyo はこっちのほうが好き

なぜならそれは
インパクトに満足感があったから



GR-55 ではインパクトにシャフトがスっと逃げる感覚があって
kiyo はそれが好きではなかったのですが


GR-50 は球をしっかり打つ感覚を楽しめる 


スィングの醍醐味はインパクトだ
と、kiyo は思っているので
やっぱりそこは自分で決めたい

インパクトを決めて球を押し出すときの感覚は
スィングをしていて一番気持ちのいいところ

そこを GR-55 みたいに
シャフトが持っていってしまうなんて

つまらない
と kiyo は思うのです




ユピテルのヘッドスピードメーターで計測したデータ 
GR-50 hs         GR-55 hs
    GR-50                GR-55
ヘッドスピード:29.8m/s             ヘッドスピード:30.8m/s 
初速:45.2               初速:46.4
飛距離:147yd                          飛距離:152yd 
ミート率:1.51                            ミート率:1.50   
   
       kiyo の通常のヘッドスピードは
    こちらのブログをご覧下さい
(kiyo の通常ヘッドスピード)

上記データをみても GR-50 の試打の印象が
GR-55 とほぼ同じであったことがこの数値で裏付けられる

GR-50 のヘッドスピードが GR-55 より僅かに少ないのは
インパクトでのシャフトの走り感の違いだと kiyo は考えている

GR-55 はインパクトで勝手にシャフトが走る印象がある
と、前回に記録いたしましたが(その時の印象についてはここをご覧下さい)
その感覚がヘッドスピードの数値にして
1m/s も アップしているとは驚きです

ミート率にもシャフトに感じた印象どおりの数値が出ている

このシャフトは本当に正しい軌道を一人で勝手に
通っていく印象がありました

GR-50 GR-55 共にミート率が 1.50 以上という数値
これはシャフトによるもの
シャフトの軌道がいいからミートもいい
と kiyo は考えます


この ワクチンコンポ というシャフトは
株式会社グラビティーという会社のものですが
製造をフジクラに委託しているので
ワクチンシャフトを新品で購入いただくと
フジクラのシールが貼ってあります
と、ワクチンコンポ代理店の藤森氏が教えてくれました

なるほど
あまり知らない会社のものでも
フジクラでつくっているお品物

ワクチンというブランドでもあり
フジクラというブランドでもある


フジクラのシャフトにも
モトーレスピーダー や ランバックス など
40g 台のシャフトが結構あるので
そちらも、今後どんどん試打をしていきたいと
考えています 
 


ワクチンコンポはボール初速も
ミート率もとても効率よくアップしましたが
kiyo には重量感が仇となって
全く振り切れませんでした


いくら初速やミート率が上がっても
ヘッドスピードがこれだけ落ちて

飛距離についても伸びがないとなれば
kiyo がワクチンを選択する意味はありません



最後にもう一つ
GR-55とGR-50の試打で感じたことは
オリジナルヘッドの素晴らしさでした

GR-55にはニューディー(NUD)という
高反発ヘッドがついていましたが
GR-50のヘッドの打感と比べて、数段上でした
NUDヘッド 

ヘッドについては
ヨシムラゴルフのヘッド(ファイアーエクスプレス ライト45 )
マッドネスのヘッド カブキ シャフト など を試打したときに
オリジナルヘッドの秀逸さを知りましたが
今回の試打で
ヘッドへの興味がまた更に高まりました

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/19 11:22] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
WACCINE compo GR-55 を試打した
軽量シャフトで検索をかけて
ワクチンコンポというシャフトを見つけた

ワクチンコンポはぶっ飛び系で有名なシャフト
kiyo は知りませんでしたが・・

HPで試打会の情報を確認してみると
直近の、わりと近場で催しがある  
   日時:11月24日(土)13時~19時
   場所:ゴルフギアサージ 宝塚店

早速試打に向かいました
ゴルフギアサージ 宝塚店 

kiyo を迎えてくれたのはワクチンコンポの代理店
(株)ベティナルディゴルフの藤森さん
とてもソフトで、丁寧な印象の男性でした

40g台で試打できるシャフトがあるか
ヘッドのロフト角は何度か(流石に9°などでは試打にならないので
などを電話で確認し、事前にお話をしていたのですが
実際に来店すると

女性で試打をしに来られたのは初めてです
と、藤森さん

シャフトは軽量ですが
クラブは男性仕様のものしかなくて・・・
と、kiyoに申し訳なさそう


女性は既製品のクラブを
購入して使う方が殆どなので
メーカーのほうも
今のところは女性向きのシャフトは作っていない
というのが現状なんです、と
藤森さん、言葉を選びながらも
更に申し訳なさそうに kiyo にそう言った


確かに、女性はそう
みんな規制品のクラブを使っている

でもそれは
女性が既製品のクラブが好きだから
ではなくて
女性には
既製品のクラブしか選択肢がない から
なのです

どこのゴルフショップに出かけても
レディースクラブの取り扱いは
僅か数本のみ
あれだけ広いゴルフショップに
レディースコーナーはお情け状態
レディース自体、扱っていないというお店も
少なくない

まあ、そんな状況で
女がリシャフト 
しかもワクチンコンポを打ちに来る女性など
確かに今までなかった事なのかもしれない 


さて、
ワクチンコンポの軽量シリーズは
GR-55 と GR-50 の2種類

藤森さんが、kiyo に試打を勧めてくれたのは
WACCINE compo GR-55 の R2
GR-55.png  

適正ヘッドスピード: 35m/s~38m/s
長さ:45.5 インチ
重量:48g
総重量:295g
トルク:5.5
振動数:215
k.p:先中

ヘッドはこれがついていた
NUD
ニューディー  (高反発ヘッド)
初めて見る

NUDヘッド 


高反発で、ロフト角10°
クラブ総重量は 295g

藤森さんから GR-55 を受け取った瞬間
なぜか BASSARA(ワイバーン) と、似た印象があった・・・・  
       (BASSRA(W)の印象についてはここに記録)

アドレスをしてワッグルで確かめる

ワッグルでの印象は BASSARA(W) とは違う
数回素振りをしてみるが
かなり、テークバックが重たく
始動がきついが、そのまま試打

重い
 ┗(;´Д`)┛超おもい



最初の一打・・・

思った以上にクラブが重たかった
切り返しからは
スィングでクラブを持ってこれなかった 

既にトップで手首がほどけた状態
クラブが重たくて反射的に
手首でクラブを返してしまったからだ

加速もつけられなかったし
手であわすことも
インパクトを残すことも
何もできなかった
そんな状態に自分でちょっとボーゼンとした

球は・・・
だいぶ振り遅れて来たヘッドに打ち出されて
右へ低く飛んで出た
ワクチンコンポ試打風景 




第二打

今度はクラブ重量に負けないように
気を引き締めて スィング開始


アドレスからハーフウェイバック(右腰の高さ)まで
手元もカラダもブレずに自然にあがった

ハーフウェイバックからトップまでは
シャフトがそのままひとりで
正しい軌道を上がって行くような印象
切り返しのタイミングも悪くない

切り返しからダウンにかけては
トップまで通ってきた軌道のとおりに
シャフトが勝手にアドレス位置まで戻るイメージ

そしてインパクトに
スっと逃げるような感覚あり

フォロー、フィニッシュに関しては
クラブに持っていかれないよう
しっかり踏ん張るのが精一杯で
少し力みましたが
スィング全体から見て
シャフトが正しいスィング軌道を通してくれる
というような印象でした


ユピテルのヘッドスピードメーターで計測したデータ
GR-55 hs 


ヘッドスピード:30.8m/s
飛距離:152yd
ミート率:1.50

スィングを保つため、ただクラブを上げて
ただ振り下ろすだけが
精一杯のスィングだったので

自分的にはもっと振れていない印象でしたが
ヘッドスピードが 30.8m/s というのは
自分でも、まあこのくらいかなというところ
(kiyo の通常のヘッドスピードについてはこちらのブログをご覧下さい)

kiyo がゴルフを始めた頃は思いっきり振り下ろしても
ヘッドスピードは 26~7m/s だったので
先ほどのように、あんなに躍動感の無いスィングでも

今の自分は30m/sはあるんだ・・
と、ブログを書きながらふっと過去が頭をよぎり 

ちょっと感無量


お店での計測データ の数値は
ヘッドスピード:31.0m/s
飛距離:158yd

GR-55 計測データ 

お店での計測データはヘッドスピードも飛距離も
ちょっとおまけして多めに出してくれている感じ

今回は室内での試打だったので
お店での計測データは球筋と弾道のみを
参考に考えていくことにします

かなり弾道が低い
この画像では高さ 10m で表記されている

実際に練習場などで打った場合は
球はほとんど地を這うように
飛んでいるようなものだろう

低く真っすぐな弾道
かなしい・・・

kiyo はこの重量のシャフトだと
高い球を打つ自信はありません
それと、インパクトでシャフトがスっと逃げる感覚
それが好きになれない

その感覚をもっと詳しく表現するとすれば
インパクトを 6時 として
5時から7時までの間を
シャフトが勝手にスっと走っていく感じ
それがとっても嫌
なぜなら
そこは kiyo が決めたいのに
なんでお前が勝手に行くんだ!
とシャフトに思ってしまうからです



藤森さん曰く・・・
WACCINE compo GR-55 の特徴は
手元と先が硬く真ん中が柔らかい設計となっているため
球がつかまりやすくなっている
その効果は長尺で使うことにより発揮されるため
43インチより短くしてしまうと
GR-55 の持つ特性の意味がなくなってしまう
とのことでした

なるほど、だからか・・・
BASSARA(W)とは真逆タイプでの2キックポイント
あっちは手元と先が柔らかく真ん中が硬い設計だもの
手にして一瞬バサラと似ていると感じてもおかしくない



kiyo が低い弾道を気にしていると
弾道は、ヘッドのロフト角でどうにでもなります
と、藤森さんがフォローしてくれましたが

kiyo の興味はもう WACCINE compo GR-55 では無く
WACCINE compo GR-50
へと向かっている

WACCINE compo GR-50 も試打いたしましたが
そちらに関しては次回の記録とさせていただきます

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

[2012/12/04 21:54] | ゴルフクラブ試打日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。